So-net無料ブログ作成

Fly Again Tsuchiura 2017 零戦飛行 [日々の出来事]

室屋さん凱旋フライトがあったイベント「Fly Again  Tsuchiura 2017」にてお昼に零戦の飛行がありましたので、写真を多めに。


本来飛行予定が無かったのですが、零戦里帰りプロジェクトの方が、霞ヶ浦デコのイベントが有ると知り、調整して飛行可能となったそうです。


告知は前日じゃなかったでしょうか。


当日でも知らない人結構居たのではないでしょうか。


会場上空に入ってきます。

2017-11-25 (530).jpg
2017-11-25 (540).jpg

月と零戦


2017-11-25 (544).jpg


2017-11-25 (554).jpg

胴体の国籍識別マーク脇の白赤の部分はなんでしょうか?


2017-11-25 (557).jpg


2017-11-25 (567).jpg

カッコいいです。飛行機の造形として何も足す必要もないし、引く必要もない。


2017-11-25 (585).jpg

旋回もかっこいい。


2017-11-25 (587).jpg

再び月と零戦。


2017-11-25 (588).jpg


2017-11-25 (596).jpg

弾なんて込めてないし機銃もレプリカだろうと思ってても正面向かってくるとゾクッ背筋が寒くなります。


2017-11-25 (600).jpg


2017-11-25 (610).jpg

ブレたorz…


2017-11-25 (639).jpg


2017-11-25 (647).jpg


2017-11-25 (649).jpg


2017-11-25 (653).jpg


2017-11-25 (655).jpg


2017-11-25 (669).jpg


2017-11-25 (676).jpg


2017-11-25 (706).jpg


2017-11-25 (712).jpg


2017-11-25 (714).jpg


最後は翼振ってお別れ。


いやぁ良いフライトでした。なんか会場だけタイムスリップした感じ。


残念なのは、貧弱な聞き取りづらい音響設備で音量だけは大きい零戦里帰りプロジェクトに関するナレーションが耳障りでした。





nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

nice! 11

コメント 2

HIRO

こんにちは。
貴重な飛行を目撃 乙です。
自分は、95年の龍ケ崎で、P51との飛行を滑走路脇で観てましたから(笑)
離陸から着陸まで…しかも、成田のレーダー管制の邪魔になるからと高度制限が科せられていて、P51は無理だったけど、零戦はクルリと宙返りする飛行特性の差も…

 < 国籍マークの
日の丸の後ろは、撃墜数のマーク(「零戦 マーキング」でググると出て来ます>日本海軍が誇る撃墜王 岩本 徹三 飛曹長の機体とかは、ほぼ四角の状態になってます。
日の丸の前にあるのは、同じものの様に見えるけど良くわかりませんね。

流石に、無理が祟って?売りに出ているというのが悲しいというか...
by HIRO (2018-04-05 20:25) 

木っ端ミジンコ

HIROさん
そういう理由だったんですね。
なるほど。
95年の龍ケ崎を観ているとはさすがです。
今回のフライトも龍ケ崎からのだったそうです。
by 木っ端ミジンコ (2018-04-10 12:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント