So-net無料ブログ作成

日産LEAFモニターキャンペーン [車]

日産自動車でLEAFのモニターキャンペーンをやっていましたので、申し込んでみました。

参考→日産LEAFモニターキャンペーン 

最寄りのディーラー指定できますし、ディーラーにあるLEAFの空き状況で借りられる期間は変わります。

試乗だけだと、ディーラーの近所を数キロを乗るだけなので、実際どれくらい走られるのかとか、自分で充電器を操作しての充電体験できませんので、良い取り組みだと思います。

私も最寄りディーラーを指定して申し込んでみました。 

PCのメールアドレスで登録したのですが、次の日の夕方docomoのアドレスから件名なしのメールが届きましたので、ウィルスに感染していないことを確認して開いてみました。

日産の営業を名乗る方からのLEAFモニター応募感謝と日程調整したい旨のメールでした。

仕事のメールを携帯ドメインから、しかも件名なし、署名なしで来るのは初めての体験だったので真っ先にフィッシング詐欺を疑いました。

一応念のためと思い、翌日ディーラーの固定電話にその担当が在籍しているのかどうか確認し、在籍しているとのことだったので、外出していると言うその担当が帰社する時間帯を聞き再度電話。

どうやら今年4月に入社した新人さんだったようです。電話口で説教も無粋だと思い、モニターの日程を伝え3日間借りることにしました。

自分の車でディーラーに取りに行き、モニターでLEAFを借りている間預かってくれるそうなのですが、私のアパートの駐車場に空きがあり、ディーラーまで徒歩20分くらいなので、散歩がてら徒歩で取りに行きました。

ディラーに着いたらまず、仕事のメールのファーストコンタクトで携帯メールで件名も署名もないメールをいきなり送り付けるのは非常識であること、百歩譲って携帯メールを使わざるを得ない場合でも最低限の形式というものがあるということをちょっと説教してしまいました。

実際詐欺メールだと私は疑ってしまったわけですし…。

保険や充電についての説明を受け、書類に署名して車を借ります。

モニターで借りている間の充電は専用の暗証番号があり充電費用は基本無料です。

DSC_0003.JPG

黒のバッテリー容量30kwhのモデル。MMCでバッテリー容量が24kwhと30kwhの2種類から選べるようになりました。 田舎住みには30kwhの容量はありがたいですね。満充電で200km以上走れる計算です。(注:使用状況により異なる)

シフトのセレクトレバーを酷評している方が居ますが、要はスイッチなので、借りるときにコックピットドリルを受ければ難しいことはありません。

むしろ、普段慣れで操作するほうが危険かと思います。

shift_img02.gif

lvs0010x-low.png

 車両には100V電源で充電するためのケーブルも備え付けられていましたが、日産やファミリーマート、道の駅に急速充電器が多数ありますので、よほどの緊急事態でないと使いませんかね。

ディラーから道路に出るときに一番印象的だったのは、トルクが太いので(EVだからあたりまえ)速度ゼロからの加速が良く、とっても楽でした。かといってフロントタイヤが暴れるようなことはなくセッティングが良く出来ているなぁと。

グレードにもよりますが、発進などマイルドになり電気を節約するECOモードが有り、普段ECOモードにしていて、道路の合流や路地から出るときはオフにするなどの操作が電池を長持ちさせて快適に走るコツなのかなぁと思いました。

 

早速水戸から大洗までドライブしてみました。

DSC_0009.JPG 

30kmほど走っての完走は、思ったより普通。

ガソリン車からの乗り換えは驚くほどスムーズにできました。

エアコンをオンにすると予想航続可能距離が20kmほど減りますが、この日は涼しかったので終始エアコンオフ。

窓を開けていても風切音が私の愛車アコードワゴン よりも静かなのでカーオーディオの音もよく聞こえます。

当たり前ですが、速度とリンクして音量上がる機能も搭載しています。

スポーツカーを乗る時のように運転しているだけで楽しいという車ではないですが、本当に普通に使えるので、充電設備が多くある都市部でならメインの車になり得るなと思いました。

日産LEAFや三菱自動車i-MiEVが発売された当初のイメージのままだと、殆ど充電設備が無いというイメージだと思いますが、現状は道の駅やファミリーマート、他ショッピングセンター等に広がっており、長距離ドライブするときにある程度検索しておけば安心です。

参考→日産LEAF充電設備検索 

現状なら日産の充電プログラムで月3000円の会費払えば充電はし放題ですしね。

コックピットの状況はワタシ目線だと以下の写真のようになります。

DSC_0005.JPG

DSC_0004.JPG

ディーラーオプションナビのマイクがトリップの数字を隠してしまっています(汗)

これはLEAFの設計云々じゃなくて、ディーラーの整備士のセンスの問題なのでまぁ仕方ないですね。

メーカー純正のナビではこんなことはありませんでしょうし。 

 

とりあえず自分で急速充電器操作して充電したいなぁと思い、用もないのに日立や常陸太田等回って、残り容量 12%くらいの危機的状況になってから日産で充電してみました。

充電ソケットは若干重いなぁと思いましたが、成人なら女性でも無理なく扱えるでしょう。

充電器の液晶ディスプレイには操作をどのようにすればいいのかの案内が出ますので、迷うことはないと思います。

12%から80%の急速充電で充電時間は30分ほど。その間ディーラーのショールームで待たせてもらいます。

30分待つということはわかっていましたので、文庫本等持ち込んで暇をつぶしました。

この時はたまたま先客が居ませんでしたので、すぐに充電できましたが、土日祝の昼間などは充電する人が多いでしょうから、待ち時間は先客が居る分だけ伸びます。

そういう時は最寄りの急速充電設備を探せばよいのですが、その時にバッテリー容量が心もとないとそれもできないので、残り30%くらいで充電しに行くのが安全牌なのかなぁと思います。

 

その夜取説を熟読。

バッテリー容量が無くなったらの挿絵がコレ

DSC_0006.JPG

こんな事態にはなりたくないものです(滝汗)

借りている間、通勤もしてみて、長距離ドライブも茨城県水戸市と千葉県銚子市の往復もしてみましたが、驚くほど普通。

オートライトにしておくと、明るくても雨が降ってワイパーを一定時間動かしているとライトが点く仕様になっているようで、昼間ライトが点いているのがちょっと違和感でしたが、安全のためには良い装備ですね。 

前挙の通り充電に若干の煩わしさはありましたが、充電料金の安さを考えれば十分我慢できるレベルだと思います。

将来的にどうなるかわかりませんが、今の充電プログラムと補助金制度が続く限りランニングコスト、購入資金考えると買い替えの際十分選択肢に入る車だと思います。自宅に充電設備作る際のお金の一部も日産で負担してくれるようです。

日産のEVモデルももう一回り小型モデルが出てくれると買いたいと思う人も増えるのだなぁと思います。 

他メーカーからもEVモデルが出れば競争でEVもどんどん良くなるでしょうね。 

 

日産LEAFモニターしての感想まとめ。

ポジティブ

 ・運転していて驚くほど普通。エンジン搭載車からの乗り換えはスムーズ。EVなので合流、路地から幹線道路に出る際等楽で安心。セレクトレバーは叩かれているが普通に使える。ラジオの入りが良い。エンジン音が無いので深夜早朝の住宅街走行など気を使わなくてよい。

ネガティブ

 ・ロービームが暗い。薄暮時や市街地走行で点いているのかどうか不安になりスイッチを確認したほど。 

 ・レンズやLEDライトのせいだとおもうが、配光がいびつで郊外の暗い夜道を長距離走ると若干のストレス。

 ・低速時のブレーキに若干の違和感。回生のセッティングかな?

 

トータルの印象はとてもポジティブ。乗る前に抱いていた充電設備の少なさや充電時間などのネガティブな印象はほぼ消されたと言っていいです。

長距離ドライブの場合はバッテリー使い切りそうになってから充電するよりも早め早めに行程上にある設備で充電しながら行くのがストレスも無く寄り道しないで良い分時間もかからないとわかりました。 

次はBMWのi3借りたいなぁ(笑) 


nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:バイク

nice! 16

コメント 2

HIRO

こんにちは。
時間の許す限りの試乗なら判り易いですね。
給電施設の問題がありますね。
急速充電とかでバッテリーに悪影響とか出そうな(ヲイ

i3と言わず次は、?i8
by HIRO (2016-07-21 21:55) 

木っ端ミジンコ

HIROさん

エンジニア曰く、バッテリーに優しいのは普通充電との事なので、自宅に充電設備作って日常は自宅で普通充電がデフォルトなのでしょうね。
賃貸だとなかなかそうもいきませんが(汗)
by 木っ端ミジンコ (2016-07-21 23:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。